FC2ブログ

もぐら番長どすこい日記

日々の出来事を綴っています。

グッタリ。

baby_animals_7.jpg

もうこんな感じです。
スポンサーサイト



  1. 2005/08/31(水) 01:39:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

悲しくて悲しくて。

幸せを呼び込むために、
家を出るときは必ず右足から。
そんな決め事に全く興味がないもぐらです。

そろそろ夏も終わりですね、
皆さんは夏の思いで作りましたか?

ひと夏の恋。

とは全く関係なく、
年中発情している方々ばかりなのではないでしょうか。
どうせこんな僕のブログなんか見ている人たちは。
どうせこんな僕のブログなんか・・

・・・ごめんなさい。

最近コメントが少ないのでとても悲しいんです。
全身から汁という汁が出尽くしてしまうくらい
悲しみにくれています。

いっそのこと書くのやめちゃおうかと思って
しまうんだけど、
自分で読み直して大笑いしてる、
ちょっと痛いもぐらさんの為に、
これからも書くっきゃない!
なんて自分に気合入れなおしてがんばります。

  1. 2005/08/30(火) 18:31:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

それ下さいっ!

シートベルトはきつめに締める、
ハードMもぐらです。

先日、住宅展示場を見に行きました。
もちろんそんな高価なものを買う予定はありませんが、
友人に連れられて、隣町まで。

これがまた庶民には手が出ないような大きな家ばかり、
お屋敷ですよ、お屋敷。
『こんな所にすんでみたい』
さっきまで興味がなかったくせに、
そんな気持ちにさせられちゃいます。
もしかして媚薬飲まされたかもイヤン。

思い切って聞いてみます。
『これで、どれくらいですか?』
『間取りで変わってきますけど、大体5千万から6千万です』

・・・5千万から6千万。

・・・5千万から6千万?

通貨単位はなんなのよ、え?
ペセタ?シリング?もしかしてバーツなの?

言いなさいよ!正直に言えばいいじゃない!

『円ですよね』
『円です』
がびーん、予想だにしてなかった答え、
ショックを隠しきれません。

さとられちゃ負けだ、
日頃の内股をさらに内股にして歩くしかない!
思考回路もショート寸前です。

その後、コーヒー(多分媚薬入り)をご馳走になり、
友人お目当ての粗品を頂き、
(ランチョンマットとコースター。これがほしいの?)
帰路へつきました。

でもね、買うわけでもないのに相当楽しかったよ。
みんな行くべきだね、見るだけでも。
ランチョンマットとコースターがもらえるんだよ!
バーバパパの絵がかいてあるんだよ!

これで僕の経験値がまた一つ上がりましたネ。
  1. 2005/08/29(月) 18:10:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さらば大阪。

そして三日目の大阪。

さっきまで酒盛りしてたのに、
張り切って行動なんて出来るわけもなく、
だらだらとチェックアウト。

くそっあのオヤジ~
今度見つけたらヌッコロス!

つーわけでそのおじさんの元へ。
そのおじさんってのが、
イタリアレストランをやってる人で、
関西では割と有名なお方。
テレビチャンピオンにも出たことある人。

お昼はそこでご馳走になりましたよ。

前菜にスープにパスタに肉、
お昼からコース料理食べてます。
ハイおいしく頂いたのでヌッコロしません

前日の疲れを引きずったまま、
帰りの新幹線へ。

僕のこの文章にもあらわれてるように、
な~んにも面白いこともない三日目でした。
書こうにも全然面白いこと浮かびません。

でもね、楽しかったんです。
友達に会えなかったのは残念でした。
昔の○○や○○友にも会いたかったのに。
(↑見栄張ってますそんなんいません)

時間作ってまたいこーっと!


  1. 2005/08/28(日) 23:01:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

そして次の日。

『Universal Studios Japan』

あ、ごめんなさい
『ユニボァースル スタディオ ジャペン』
と読みます。
次の日に行ったのはここ。

天気予報ではあいにくの雨、
どうなるかと思ったら、
僕の日頃の行いがビバでブラボーだったんでしょう、
日光が照っちゃってます。

・・・焼けちゃうじゃん。
紫外線ぷんぷん!
いつにもまして陽気な僕。

でもやっぱすごい人、
何かのテーマパークか?

何かのテーマパークです。

60分待ちなんて普通ですよ!
60分っていったらあーた、
僕の行きつけの店、
『ピンキーラブ』に二回いかれるじゃないですか、え?

でもね『ピンキーラブ』はお勧めよ、
なんせ女の子の質がいい!
お手ごろ価格6500円!
ユーも行ったらいいじゃない、ユーも!

※ユキちゃんは指名しないほうがいいです、
 僕とかぶっちゃうから!テヘッ

話が大幅にそれましたが、
待ち時間長すぎ。
イヤ 
『Universal Studios Japan』 
のほう、あごめん
『ユニボァースル スタディオ ジャペン』

ちなみに『ピンキーラブ』は
最高でも30分待ち。
かに座のあなた、
事前に電話を入れたほうが吉!
※ユキちゃんは指名しないほうがいいです、
 僕とかぶっちゃうから!テヘへへへッ

話が大幅にそれましたが、
アトラクションも楽しいのよ、
イカス!って感じ。

ついつい笑顔になって、
アトラクション間なんかスキップで移動しちゃう。
ランラランララ~

あぁこんな所でも自分に過酷な試練を与える僕は、
周りから見たらまるで、
薄ら笑いの天然パーマネントのおっさんが、
アトラクション間をスキップで移動してるように
見えたのではないでしょうか?
あらそのまんま。

あはははは、つかまえてごらんなさいよ~
見知らぬ人にもこんにちは。

テンション上がりまくりの僕。

一日中いました、12時間以上。
帰る頃にはもうグッタリ、
来なけりゃよかったと後悔したほどウソ。

ホテルに着いたのは夜の11時前。
そこへ大阪の親戚のおじさんがやってきて、
朝の4時まで酒盛りしたのはちょっと予定外でした。
  1. 2005/08/27(土) 22:18:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

熱烈歓迎!

大阪旅行に行った僕。
新幹線で新大阪の駅に降り立ちました。

えっなに?僕が大阪に来るって知らせたの誰?

もうねすごい人、人、人。
いきなりのサイン攻めかと思って身構えましたよ。
常に持ち歩くペンのインクが、
足りるかどうかなんて心配もよそになぜか人々は素通り。

あはっテレ隠し?
ペンのキャップを取って準備万端、
『いいのよ、来て。』

・・・でも来ない。

くっそ~じらしのテクニックにダウン寸前です。
『もうガマンできないの!』
おっさんのハゲ頭にサインをしようと頭をキャッチ、
あらつるりんこ。

ち、違う!この空気、誰も僕なんか見てないよ!
あっぶねー、セーフセーフすべってセーフ。
相変わらずのオーバーアクション、
周りの人2、3人なぎ倒してます。

あら?じゃあ何?お祭?

駅構内でお祭かと、ややいぶかしみながらも、
オラごくー、オラも踊る!
天性の無邪気さで参加希望の手を上げます。
しかししかし、
どんな踊り方かあたりをキョロキョロ見回しても、
誰も踊ってないじゃない!

昨日買ったばかりのキティちゃんのペンが、
僕の手から滑り落ちます。
・・・ま、祭でもないのか?!

・・・あなどれんぜ大阪。

ミナミの街を歩いたんだけど、
これがまた競歩かと思うほどに早足。
先ほどのオヤジに負けてなるかと、
一生懸命僕も早足で歩いたけど、
必死に食らい付くのがやっとですよ、
後半は軽いジョギングになってたもん。
彼は汗一つかかず先に行かれましたよ、
後頭部の『もぐら』の文字もだんだん遠くなっていきます。
負けました完敗です。

・・・あなどれんぜ大阪。

でも本当にすごいよね大阪、
人が多いです、迷子になりそうでした。

実は10年以上前、
大阪に住んでたことあるんだけど、
もう田舎慣れしてて、ほとんど忘れちゃってるし、
建物はずいぶんと増えてるしで、
どこにどう行っていいか、わからないのよ。

ミナミのホテルに行くにも、
人に聞きまくりでどうにか到着しました。
田舎もん丸出しですいいんですいいんです田舎もんだもん。


  1. 2005/08/26(金) 23:51:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

帰ってきました。

無事、地元の山口県に帰ってきましたよ。
大阪、楽しかったですよ本当に。
心地よい疲れと共に、今日のもぐらはしばし休息です。

明日から大阪日記書きますんでよろしく御願いします。
コメントもよろしくね、
寂しくてなにかか出ちゃうから。
  1. 2005/08/25(木) 23:05:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ちょっとの間

留守にしますよん、
三日ほど。
大阪に行ってまいります。

書くネタが切れたので、
わざわざ仕入れに行ってきます、
このためだけに行ってきますうそです。
  1. 2005/08/22(月) 22:23:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いけません。

皆さんお気づきになってました?
イエイエしょうがないですよ気付かなくても。

実はですね、僕のこのブログ、
下ねたが多いんです。
ぶっちゃけました!

読み直して見てくださいよ、
チンコとかウンコとか、
たわわに出てきます、
ずんずん出てきます。

だめじゃん、俺。

これからはね、
郵政民営化とかエコロジーとか分数の割り算とか、
難しいことガンガン書いていきますよ。

僕の知識を余す所なくここで披露です、
さながら披露宴会場です。

ケーキ乳頭です。
違う違う!違うって!
変換ミス、ただの変換ミス!






  1. 2005/08/22(月) 00:26:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武器!

あなた普段何か武器になるもの持ってますか?

この生ぬるい世の中で、
平々凡々と暮らしてるんじゃないでしょうね。
緊張感が足りないのよ、緊張感が!

僕、ドリル持ってます。
生まれた時からドリルちんこ。
もちろん今でもドリルちんこ。
ほとんどの女性はこれ見たら怖がって逃げていきます。
この前、山で熊に遭遇した時、
このドリルを見せたら逃げていきましたうそです。

温泉では下々の人々を怖がらせるわけにはいかないので、
タオルでしっかりとガードします。
友達が取りそうになると本気で怒ります。
裸で殴り合いがおきそうなほど怒ります、
タオルが取れると危険なので、僕がガマンしてあげます。

よくいるじゃないですか、
男風呂なんかで前も隠さずにぶらぶらブラりんこの人が。
たくあんみたいなのをお持ちの方が。
『あ~あ、かわいそうに』
僕は自分のと比べてそうつぶやくんです。

・・・イヤ僕じゃなくて相手が。

だって僕の武器だもん。

えーんえーんドリルばんざーい。

話は変わりますが、
ドリルの人って早漏っていうじゃないですか?
話変わってないですけど。
ハイ僕、早漏きたっ!

あははごめんなさい、今日も自慢話で。
  1. 2005/08/21(日) 23:02:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

勘違い。

僕は昔、大阪のレストランで働いてました。

入ったばかりで先輩方といろいろ雑談してる時のこと、
ある先輩は高校の頃ラグビー部だったんですって。

『ラグビーって言ったらムッチャ激しいんでしょ?』
慣れない大阪弁を駆使して話しかけます。

『そうやねんもうみんな必死やからなぁ、
  試合中なんか相手を殺してまおう、
   それくらいの気持ちやもん、みんな』

『へ~そんなにすごいんですか?』

『スクラム中なんか精子がかかってるからな』

やっぱね、人間極限に達すると、
子孫を残そうと体が勝手に判断して、
精子が飛び出すんだね。
それぐらいすごいんだよラグビーって。
でも顔にかかったらイヤだよね、顔射だよ顔射。

『でも付いたら匂いが取れるんですか?』

『は?』

そう、
生死がかかるでした。
ずっとラグビー部じゃなくて良かった~
なんて思ってました、話のあいだ中。

僕も純だったの!
  1. 2005/08/20(土) 20:59:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ファン。

皆さん芸能人で好きな人っています?

よくいるじゃん、
生活のほとんどをその人の追っかけやってるとか、
解散や卒業で本気で涙するとか。

テレビの中の人を好きになってどうすんの?
報われない恋ジャンか。
いくら近くに見えるからって、
思いっきり手を伸ばしても星が掴めないのと一緒、
意味ないよ。

な~んて思ってたんですが、
最近気になる人が現われました!
『これが恋?!』
忘れかけてたこの感じ。
そうそうこれが人を愛するって事!?

あ~もう胸キュンです、
その人のことを考えるだけで
ルンルン気分なんです。
えへへへ。

その人の~な~ま~え~は~

『小池徹平』君、なのだ!

いやぁ彼はいいよ、
笑顔が素敵。
うふふふ
にひひひ
あ~はっはっはは

チュウして~なぁもう。
くっそぅ、バッチコーイですよ。

イヤでもホントいい男だよねぇ、
はい僕いい男好きなんです。
  1. 2005/08/20(土) 20:37:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立秋も過ぎて

扇風機の風も生ぬるい今日この頃、
皆さんいかがお過ごしですか?

相変わらず僕は外に出ず、
おうちの中で本を読んでますよ。

今読んでる本は『三国志』
ご存知、昔の中国のお話ですね。
まだ最初のほうなんだけど、
ちょっぴりおもしろくなりそうよ。

後もう一冊『OUT』
女性四人が結託して事件を起こすってヤツ。
映画かもされました観てないけど。

相変わらず出不精ですデブ症です、
結局海にも行かずじまい。

でも来週大阪に遊びに行きますよ。
  1. 2005/08/19(金) 19:11:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もう少し長ければ(続き)

『一緒に帰ろうやぁ』
友達に誘われても、僕はちょっと先生に話があると言って、
先に帰ってもらいました。

やっとみんながいなくなったころ、
便所に向かいましたよ、あたりを気にしながら。
とくに後方を。
さながらグリーンベレーの動きですよ、
一年生にして7歳にして。

誰にも見つかることなく無事、所定の場所にたどり着き、
恐る恐るズボンとパンツを下ろすと、
硬めのそれはやや平らに形を変化させ、
鎮座ましましていました。
両手を水平に動かしオーバーアクション、
セーフセーフ硬くてセーフ!

それをポトンポトンと落とし、
そそくさとその場所を後にし、
何食わぬ顔で帰途に着きました。

『任務完了』
・・・つぶやいていました。
えぇもちろん泣きながら。

いつしか達成感に満たされた僕は、
こうやればカッコよく見えると友達に教えられた、
『口を半開きにしてやや微笑むようにする』
という顔で歩いて帰っていました。
みんなが僕のために、
微笑んでくれてるような気さえします。

颯爽と歩く僕。
手なんかいつも以上に振ってます。
右、左、み・・・ん?

右手が何かに当たったよ?

ズボンと太ももの間に何かあるよね?

給食で出たバナナ?

『任務失敗!』 
・・・ハサマッテル。
ウンコハサマッテル。

あぁなんてことでしょう?
してやったりと思ってた僕は見事にはめられたのです!
イヤ挟まってるんです!

まさしくバナナのようなウンコが、
短パンからにょっきり出てるではありませんか。
その場に倒れこみそうなほどの衝撃を何とか耐え、
僕はこの場をどう切り抜けるかすばやく計算!

・・・くっ足し算しか習ってねぇ。

もうね右手でそれを隠しながら歩く、
という方法しか思い浮かばないの。
今まで颯爽と歩いてたのが、
急に右手をお尻部分へ固定、もちろん歩き方ギクシャク、
いち早くロボットダンス取り入れてます。

僕の後ろを歩いてた生徒は確実に気がついてます。
だって見えてるんだもん、
ウンコ出てるんだもん。

でもまさかウンコはさんだまま、
『口を半開きにしてやや微笑むようにする』
顔をして、颯爽と歩いてるなんて思わないでしょう。
急にロボットのようになったのは、
相当な不審人物と映ったかもしれませんが。

でも無事に帰りましたよ、母には怒られたけど。

次の日もあだ名は『もぐら』のままでした。
  1. 2005/08/18(木) 20:48:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

長ければ。

小学生のころは、短パンじゃなかった?
僕らの制服は黒の学生服に黒の短パン、
小学生にしては珍しい格好かな。

一年生のころ。
僕たちの校舎は古い木造建築で、
何か温かみのある、そしてなんか威厳を感じる学校でした。

4時間目は終わり、給食時間も楽しく過ぎ、
そろそろ下校時間が迫ってきたざわめく教室の中。

あら?なんだかちくちくと下腹部に痛みが。

どうにかなると軽く考えていた僕に、
鈍器で殴られたような衝撃が!
来てる来てる!ビッグウェーブが!

僕の頭は帰りの時間をすばやく計算、
家まで徒歩で約十分、
逆算して・・・
くっ足し算しか習ってねぇ。

でもねでもねわかるでしょ?
学校でウンチをすると、
非常に冷たい視線を浴びせられ、
次の日から『ウンコマン』と、
これまた安易なあだ名が、
いかしたニックネームがついちゃうことを。

それだけは困ります困っちゃいます。
当時からお調子者の僕でも、
さすがにそれだけは受け入れられません!
断固拒否です!
そんな辱めを受けるくらいなら死んだほうがましだよ!!!


・・・もれちゃった。
死んだほうがましです。

ウンコマンでもなんでも受け入れますから、
時間を戻してください。
お尻のあたりをもっこりさせたまま祈り続けました。

『席に着いて下さい』
学級委員の非情な言葉が僕の心に突き刺さります。
祈りなんか誰にも届いてません。
まさか!?と思ってお尻を触るもモッコリしたまま、
奇跡なんか起こってません。

完全に座るんじゃなくて中腰をもう少し低くしたような、
わかるかな?あの感じ。
触れるか触れないかの微妙な、いや僕の絶妙な腰使い。
えっとね、なんて説明すればいいのかな、
足の筋肉にね、力をちょっと入れてね、
ひざをやわらかくしてね、

・・・これくらいで勘弁してつかーさい。

でもねほんとに奇跡的に、
誰にも気付かれずにその場はやり過ごせたんです!

あはははは、風は俺に吹いてるぜ!

よし!このままみんなが帰ったあと便所に行って、
処理を済ませ、そのまま帰るとして、
逆算して・・・
くっ足し算しか習ってねぇ。

しかし無事にやり過ごしたと思った
この話には続きがあるんです。
  1. 2005/08/17(水) 22:06:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

おっはー!

古いですか?
いいんです。
温故知新です、
うんこちんちんです。

ところで、今日は福岡に行く予定。
そこでチョッピリ寄り道して、
その後地元山口県に帰る予定です。

よそ様のPCなので長々と書ける状態ではなく、
長々と書くような面白エピソードも無いのは、
少々残念なうちに僕の連休は終わります。
  1. 2005/08/16(火) 05:18:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

どちらさん?

先日、高校の頃の同窓会がありまして、
僕は仕事の都合で2次会から出席。

見たことも無い人が多数、
こんな人いたっけ?
もちろん名前を聞いてもわからない、
おうちを聞いてもわからない、
にゃんにゃんにゃにゃん状態です。

懐かしい顔もありまして、
いろいろ話はしましたヨ。

でもね、調子にのって飲み過ぎました。
記憶が飛んでるんです、
後半、何を話したか覚えてないもん。

飲みすぎて失敗ってありますか?
僕は多々あるんです、
ここでは書けないような事が・・・

  1. 2005/08/15(月) 09:02:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

自然満喫

お盆ですね、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

僕は今、熊本県は天草にきております、
お盆休みを利用しての里帰りです。

自動車で帰ったんだけど、下り線はスムーズそのもの、
逆に上りは途中スンゴイスンゴイ渋滞してました。

ここはとても良い所。
きれいな海に囲まれ、
清らかな川は流れ、緑の鮮やかな山々も目に入ってきます。
観光に来るにはもってこいです、てか有名だよね。

でも車の運転5時間は疲れました。

  1. 2005/08/14(日) 22:17:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今は何も語りたくはない。

あ~はっはっはは!
オ~ホッホッホホ!

・・・焼肉食べに行きました。

えっ、なに?
あーあれ、昨日書いたやつ?
だいえっとが、どうとかこうとか。
そもそも英語なんか苦手なのに、
そんなダイエットなんて。

もう忘れちゃったよ、そんな昔のこと、
ふふ過去の女を忘れるようにね。

いつまでも過去にこだわってたら、
人間成長しないのよ!
怒るわよホントに!


・・・ごめんなさい。
日曜日教会に行って懺悔します、
そしてもう二度と大盛りご飯は食べませんと誓います。
せめて普通盛りを二回か、小盛りを三回にします、
いや敢えて小盛りを四回にしてもかまいません。
それぐらいの気概で懺悔に向かいます。

もちろんそれくらいじゃ許してくれないのよね、
わかってる、わかってるの。

薄く紅を引いて行きます、
ええ天然パーマネントのいいおっさんです。
それくらいの生き恥をさらしてさえも、
誓いを破った責任は取るつもりです。

Tシャツの下は亀甲縛りでいいですか?
したはブルマはいていきます。

なんだなんだこの感じ?
俺はニュータイプか?
考えただけだよ!考えただけなのに、
何も使わないのに、
体の一部がビッグリンコ。
あっごめんチビリンコ。

間に合わないといけないから今から縛っとこうか。
うんうん今からのほうがいいねうんうん。

でも今日は仕方なかったんです、
勘弁してください。
ダイエット続けるつもりなんですヨ。



  1. 2005/08/13(土) 02:37:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

やってみます。

ダイエット宣言!

どうもこのままじゃいけません、
もう痩せるしかありません。
だって女の子に相手にされないんだもん。
不純ですか?良いんです動機なんてそんなもんで。

もちろん痩せたからって、
女の子が相手してくれるとは限りませんが。
(先に書いとこ~っと)

んでね、恋焦がれるような恋愛がしてみたいんです、
いいオジサンなんですが。
年は関係ないよね?そうだよね?

僕のダイエット方式は規則正しい食生活、
間食はしません、飲むのはお茶、
揚げ物類は出来るだけ取らない、米を控える。
そんなとこかな。
少し食べる量をおさえるって事。

よく食べる量を減らすダイエットは間違い!
なんていうじゃない?
でもね、まず食べる量で減らすと体が軽くなる、
そしたら動くんです、軽いから。
体重計乗るのが楽しくなるし。
そうやって良循環が埋まれ、うまい具合に痩せていく。

ってうまい具合にいくのかしら。
結果はそのうち書く予定。
  1. 2005/08/12(金) 11:35:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

化け猫。

20050811210606
猫(ちび)
うちのチビの写真。
人間の年齢で言うと何歳くらいなんだろうね?
  1. 2005/08/11(木) 21:06:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おもひで。

むかし僕が小学校の帰り、
道を歩いてると、
バタバタと大騒ぎしてる生き物が!

鳩です、キズついた一羽の鳩。
当時から優しさだけが売り物の僕は、
仕方なく助ける羽目に。

しかし小学生の僕にとっては大きすぎて助けられず、
幸い近かった家に帰って、祖母に報告、
『ハトハトキズツイタハト』
緊張のあまりカタコトです。

そんなこんなで鳩を無事救出、いや救助、
どっちでもいいや。
一週間くらいで元気になりましたよ。

で、もう自然に帰してやろうってことになって、
かごを開けたとたん鳩が飛び出し逃げていきました。

ところが!
何を思ったか僕のおばあちゃんはその鳩を追って、
外へ走り出すではありませんか。
その後を一生懸命ついていく僕。

おばあちゃんは鳩しか見てません、
そう『空』しか見てないんです。

そのうち鳩は線路の中へ、
空しか見てないおばあちゃんも線路の中へ。

僕の目には近づいてくる電車がはっきりと見て取れます。
まさにその前に彼女は飛び出していったのです!
『待って!待って!おばあちゃん待って!』

・・・全く聞こえてません。

キッキー!いやガッガー!もしかしてキュワー?
そんなブレーキの音で電車は急停止。

・・・電車止めちゃいました。

やっと事態を把握したおばあちゃんは、
運転士に謝りながら走って戻ってきました、
えぇ無事だったんですけど。

電車止めたら補償とかすごいんでしょ?
当時の僕もそれくらい聞いてたので、
いったい僕の家はどうなるのか心配でした。

結局、職員が来たんだけど注意だけ。
駅から発車したばかりで、
さらに貨物列車だったのが不幸中の幸い。

そのころはまだ彼女も若かったんでしょうね、
すぐに熱くなっていろいろ失敗談があります。

『何で追いかけて行ったの?』
って言う質問には、
『あなたが悲しむと思ったから』だって。
おばあちゃん子だった僕。
そんなおばあちゃんのことを思い出すと、
ちょっぴりしんみりした気分になります。

うそです、まだ元気に生きてますから。
  1. 2005/08/11(木) 01:45:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

・・・相変わらず。

風邪治ってません。
すごい鼻声です。
桜田淳子のうた真似したら、
県大会三位ぐらいになれそうなほど鼻声。
ってそもそも桜田淳子って誰?
なんて言われてジェネレーションギャップを感じそうで、
不安に駆られ、泣きながら浜辺を駆け回りたい、
そんな感情に・・・でも風邪なんでやめときます。
もしも元気だったらと悔やんでも悔やみきれません。

話が大幅にそれましたが、
昨日は寝ました寝まくりました。
12時間寝ました。
よく寝る子は育つといいますが、
これから僕はいったいどう育つのか、
そっちのほうが心配です。

風邪のせいなのか、寝すぎなのか、
頭がボーっとして仕事になりません。
でももともと頭を使う仕事じゃないから、
関係ないじゃんって言われれば素直に
『そうです』
と答えるしかないんですが。

って何書いてるかもよくわからなくなってきました。
これから寝ますウソです。仕事します。
がんばれ俺!
  1. 2005/08/10(水) 15:13:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

グッタリ。

昨日よりひどくなってます、
風邪が。
栄養ドリンクが切れると、
もう一気にグッタリ君。
暗い夜道にピカピカの鼻が役に立ちそうなほど赤いです、
わかりにくく言うと、
大平山のBグループのボス、
『コウタロウ』のケツくらい赤いです。

誰か早く治してください。
  1. 2005/08/09(火) 20:20:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よかった~

よく言われるじゃないですか、
馬鹿が引くって。
えぇ夏風邪の話ですけど。

やっと僕も引きました、
このままの勢いじゃ、
ノーベル文学賞でも取るんじゃないかってくらい、
夏風邪知らずでしたから。

冗談じゃなくこの暑いのに寒い。
くしゃみ止まらず、
鼻の下が無法地帯と化してます。
栄養ドリンクがぶ飲みして体をだましだまし仕事してます。
  1. 2005/08/08(月) 16:47:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

飛んでこそ男、いや漢!

バンジージャンプ、したことあります?
えぇもちろん僕はありますよ。
岡山県の鷲羽山ハイランドってところで、
華麗にダイブしました。

高い所ってあんまり得意じゃなかったんだけど、
頑丈なベルトに大きなネット、
『こんなの怖い訳ないじゃない!』
なんて、たかをくくって受付へ。

途中でさ、ビビッて飛べなくて降りてくる男がいたのよ、
『ナンダこいつ男のくせに引き返してやがる』
『それでも男か?え?ちんこ返せちんこを!』
なんて罵声を浴びせましたよ、心の中で。
んで僕も上りました。
全然怖くありません。
なんてったって、丈夫に出来てるんだもん。

前の女の子もビビッちゃって、
『後ろ向きで飛んでもいいですか?』
なんてかわいらしい事言ってるじゃないですか。
いいよいいよゆっくりどうぞ。
紳士な僕は包み込むような微笑で彼女を見守ってあげました。

心の中は余裕シャクシャク。
もうねどうやってかっこよく飛ぼうか考えてましたよ。

んで僕の番。
端っこにセット完了。

『3,2,1、バンジー!』

・・・飛べません。

怖っ!何この恐怖!
うわっ今すぐ止めたい、ちんこ返す!
急激に襲ってくる、
今まで味わったことのないこれは何?
ムッチャムチャ怖いの。ホントに。マヂで。

『後ろ向きで飛んでもいいですか?』
オウムのように繰り返してましたよ。
だれも包み込むような微笑で僕を見守ってくれません。
次の女の子なんかむしろ冷たい視線。

『3,2,1、バンジー!』
年下のお兄さんの二回目の掛け声。
僕の頭の中には
『0.9,0.8、0.7・・・』

飛ぶというよりずるっと落ちるという形で、
僕は手を離しましたよしょうがなく。

よく覚えてません。
あっけなく終わりました。
でもベルトを外してもらう時、
足がガクガク、明らかにガクガク。
本当にあるんだねぇ恐怖でこんなになるの。
歩けないのよ、普通には。

カックンカックン、
ロボットのように群集から離れた所へ行き、
公の場で恥をさらしたことを大後悔、
なぜかちんこビンビン、
でももう二度と飛びませんと心に誓いました。
  1. 2005/08/07(日) 17:40:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飼い猫。

うちでは猫飼ってまして、名前はチビ。
親猫から生まれた三匹の中で、
一番小さかったからという理由でチビ、はい安易です。

僕が13歳の4月14日に生まれました。
人の誕生日もろくに覚えないのに、
その日だけはなぜか覚えてるんです。

えっと今年の4月14日で21歳を迎えました。
もうね相当のおばあさんなんです、
水飲み場は洗面所なんですが、そこにも飛び上がれないの、
水汲んで下においてやらないと。
本当に一日中寝てますよ、
23時間30分位寝てる勢いだもん。

昔は家にいつかなかったほど、人になれてなかったけど、
最近はもうべったり。
外に出ることはありません。
もう下のほうが間に合わなくなってるようで、
トイレの前におしっこしてたりします。
オムツ買わなくちゃならないのでしょうか。

どうせならギネスに乗るくらい、
んで鬼太郎に出てくるくらいの大物になっちゃえばいいのに。
チビだけど。
  1. 2005/08/06(土) 16:34:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

花火

今日、僕の地元は花火大会。
もう街はお祭り騒ぎですよ、当たり前だけど。
んでも僕はこんな日も仕事、
お家の中で、音だけ聞いてましたよ。

昔、何年前かは忘れたんだけど、
乗ってる飛行機がたまたま花火大会を
やってるところを通りまして、
上から花火を見たことがあるんです。
やっぱ丸いんだね~
丸い丸いとは思ってたんだけど、
本当にそうなんだって実感しました。

花火見に行きたいなぁ。

  1. 2005/08/05(金) 22:25:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全力で生きてます。

今まで書いてきたこのブログ。
ネタじゃないの?
なんて聞かれたりしますが。

・・・すべて実話です。
多少誇張してる場面はありますが。
(例えば僕の『モノ』を人差し指と親指でつかめるとか。
           えぇホントは両手のほうです。)

これからも『もぐらの生きザマ』書いていきますんで、
どうぞよろしく御願いします。
  1. 2005/08/05(金) 00:28:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐怖!T字カミソリ!

初めてカミソリを使った日、覚えてます?

ひげを剃るっていう行為が、
一歩大人に近づいたような気がして、
もう今までの自分とはちょっと違うなんて、
少し胸張ったりして。
シェービングクリームを塗りたくり、
恐る恐るカミソリをあてたあの日。

案外切れるんだよね、T字カミソリ。
ンでさ、ヒゲなんかすぐ剃れちゃうじゃん、
まだあんまり生えてないし。

だからどうしてももっともっと、
この切れ味鋭いカミソリを試したい衝動に
駆られるわけですよ。
悪大名が名刀を手に入れると、
どうしても人を切ってしまいたくなる、
まさしくまさしくそんな衝動。
悪魔の衝動。

一見、仏の生まれ変わりかと、
常に笑顔を絶やさない僕の心の中にも、
こんな感情が宿っていたのかと、
本人もびっくりしてしまうほどの熱くたぎる思いが、
全身をくまなく剃毛してしまいたいという熱い思いが、
沸々と湧き上がってきたのです!

いくら日ごろ自分は強い人間だと自負していても、
実際に、そして簡単にその欲求を満たすものが
眼前に現われれば、
人はまるで水のように、
簡単に低きに流されてしまうものなのだと、
実感し、また自己分析できたのは良い機会でした。

気がつくとメンソール系のクリームを手に取り、
毛の中心部にある、
そう現時点ではとても邪魔なものを、
両手で持って場所移動させないと、
クリームが塗りたくられない。
なんて心配は全く必要なく、
人差し指と親指で優しく横に向けられたそれに、
メンソール系のクリームがつかないように、
細心の注意を払いながらそしてうっすら涙さえ浮かべながら、
イヤそれは悲しみの涙ではなく、
むしろ喜びの涙だと知った時の自分には、
すでにこの行為が一つのプレイなのだと認識し、
一心不乱にぬりたくっていたのです。

おもむろにカミソリをあて、
全身を貫く快感に身をゆだね、
僕は少しづつ丁寧に、
淫靡な陰部の剃毛を開始しました。
すごい切れ味!これよこれこれ!
何がこれこれなのか自分でもよくわからないまま、
剃られていくいや自分で剃っていくにつれ、
あらわになった先ほどつまんだものが、
小学校五年生、わかりやすく英語で言うと、
エレメンタリースクール5年生から、
少しもほんの少しも成長していないのが、
はっきりと見て取れました。
驚愕です、こんなことってあるのか!

自ら毎晩のように、
土曜なんか日に二回くらい手塩にかけてきた、
この感情的にかわいらしいものは、
視覚的にもかわいらしいものだと気付かされました。
感情的にも視覚的にもということで、
相乗効果で大きくなる。
なんてことは全くなく、
下を向いたままのそれに
膨張率とテクニックさ。なんて、
当時未経験の僕には、
本で読んだフレーズを、
そのままかけてやることしか出来ずにいました。

えぇ一人剃毛プレイです。
・・・初体験でした。

こんな恥ずかしい事、もう二度としたくない!
なんて気持ちと、俺はいま無毛です無毛地帯保持者です!
という誇らしい気持ちが渾然一体となり、
えも言われぬ快感が再び僕を貫くのでした。

でもね、毛が生えてくるときがもうチクチクして、
かゆくてかゆくてガマンできないくらい。
人目を気にせずにかけたらどんなにいいだろう?
チキンハートの僕にはできるはずもなく、
ホントにこんなこと二度とするかよ!
なんて思ったんだけど、
何で二回目もしてしまったのかは、
またいつか。
  1. 2005/08/04(木) 20:42:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

もぐら

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search