FC2ブログ

もぐら番長どすこい日記

日々の出来事を綴っています。

盲腸の話。

これからお話しすることは事実に基づき、
尚且つショッキングな描写もあるので、
気をつけて、もしくは読まないようにしてください。

こんにちはもぐらです。

小学5年生の夏、
僕は学校から帰ると、
暑くほてった体と喉の渇きを潤すため、
日々の日課のように、
蛇口に口をつけて水を飲んでいた時の事です。

下腹部にかすかな鈍痛を感じた僕は、
どうせいつもの事と気にも留めていませんでした。
しかし時間がたつと同時に、
下腹部の痛みも徐々に鋭さを伴うようになり、
次第に我慢できないほどの痛さに。。。

トイレに行けば治るでしょ?
まだ軽い考えの僕。
ゆったりした足取りで便器に腰を下ろし、
苦痛に顔をゆがめながら、
制服の半ズボンをおろします。
当時はいていた先の少し黄色く汚れたブリーフも、
カトちゃんの名曲タブーとともに下げていきます。

・・・あれ?出ない。
・・・黄金(専門用語)が出ないよ?

いくら頑張ってもいくらお腹に力を入れても、
僕の黄金(プロが使う言葉)は出てくれません。

ヤバイある考えが脳裏によぎります、
先日、河谷ヘボン式拓哉君(仮名)と話した、
恐怖の話。
そうです盲腸の話です。

もしかして が痛みとともに確信へと変わって行きます。
右の下腹部が痛い・・・
母親に相談するしかない・・・

当時のもぐら家は父親の事をパパ、
母親の事をお母さんの呼ぶ、
ちょっとしょんぼり家族だった事を、
意味もなく告白しつつも、
僕の盲腸は次第に激痛へと変化を遂げていきました。

『あんた便所に行きなさい!』
『もう行った、これはうん○この痛みじゃない、
 僕にはわかる!』
『うん○こじゃない!黄金(プレイは得意)なんだ!』(脳内) 

母親も顔面蒼白の僕の顔に驚き、
すぐにタクシーを読んで行きつけの町医者へ。

順番を待つ間も僕は苦悶の表情を浮かべ、
額にはびっしりと珠のような汗。
やっと僕の番のときは憔悴しきった表情に、
医者も焦りの色を隠せず!

『ちょっと○○君!とりあえず浣腸して!』
『それから中央病院にすぐに電話がかけられるように!』

・・・あぁ最初から大きな病院へ行った方が良かったのか。

『はい、もぐらくぅんここに仰向けになってね~』
緊張感のない看護婦の声。
何時間後かには僕は麻酔をかけられ、
体にメスを入れられるってのに。。。
この能天気なメスブタめ!

『はいズボンとパンツ下げるからね~』

今そんな事されると、
足の付け根にあるかわいいヤツが邪魔しちゃって、
ヤダヤダ引っかかって脱げないじゃ~ん、
もぐらちゃんってばもうこんなになっちゃってるぅ~
あは~照れちゃってかわいい~
なんてプレイになっちゃうんですけど、
その時は降ろしやすいように腰まで浮かせちゃう始末。

『はい両膝を抱えてね~』

仰向けで両膝を抱えるんですよ?
しかも下半身裸で。
さすが5年生でもこれは恥ずかしい!
アナル丸見えですよ?
僕から言わせればアナル丸見せです。

白衣の天使はにっこりと微笑みを絶やさぬまま、
僕のアナルへ浣腸を差し込みました。
ヌプ、ヌプププ。
そして液体を僕の体内へ思いっきり注入し、
満足した表情でアナルからそれを、
ややしぼんだ薄いピンク色のそれを引きぬいたのです。

『はい出たくてもちょっと我慢してね~』

皆さん浣腸した事あります?
少したったら猛烈な便意が襲ってくるんですよね。
今でも我慢という事が出来ず、
隠れてこっそりオナ○ニーしちゃうほどなのに、
11歳の僕に黄金プレイを我慢しろなんて、
アイスのふたの部分を舐めずに捨てろって言うようなもんですよ。
医者や看護婦の制止を振り切って一目散にトイレへ。
こんなことで痛みが取れるわけはないからいいんです。

『流さないでねー』
看護婦の言葉をかすかに背中に受け止めて、
僕は個室のドアを閉めます。


・・・あぁ、どうしよう?この大量のうんこ。

便器から溢れんばかりのものすごい量。
こんなの見たこと無い。

『お母さん、お母さん。』
とりあえず母親を呼びます。
『半分流そうか?』
11歳にしてナイスアイディア!

しかしそのまま医者に見せることに。。。
医者も笑うしかないといった表情。。。

みんな!盲腸と便秘は紙一重の差だからね!
便秘をあなどらないで!
スポンサーサイト



  1. 2007/07/22(日) 15:43:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近気付いた事。

以前からMだMだ、
ハードMだと声を荒げておりましたが、
ついに自転車のサドルを外すと言う暴挙に出ました。
常に立ちこぎ想像しただけで、
体中の穴と言う穴がふくらみ気味です。
こんにちはもぐらです。

穴じゃない所も膨らんでしまいましたが、
憎たらしいけどかわいいこいつを元に戻す方法は、
もちろん心得ています。
なんてったってビリーでしょ?
ビリーズブートキャンプが流行ってるってんでちょっと見てみたら、
あらやだアタシのタイプじゃない?
どストライク、メロメロパンチのクラクラ事件です、
クララもおっ立っちゃう程です。
あぁ筋肉隆々の黒人男性にまで俺の手に、
否、俺の左手にかかれば脳内で、
あんな格好やこんなプレイもこなしちゃうわけです。

えぇ、これを読んでるチョーエロイ読者でさえもした事がない、
あんなアクロバティックなことをしちゃってるんです。
あなどれねーよビリー!

参院選が近づいてマジメなことでも一丁書いたるか!
と思って書き始めたら、
冒頭から赤裸々な告白で始まってしまいました。
いったい何が言いたいのか自分でも良くわかりませんが、
地球温暖化のせいじゃないかなーうんうんたぶんそうです。
  1. 2007/07/20(金) 14:26:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オッス!

趣味は女装と飲尿です。
お久しぶりですもぐらです。

最近歯止めなく太ってまして、
石塚さんや伊集院さんに取って代わってやろうと、
虎視眈々と狙っています。
えぇ、デブキャラです、
と言うよりむしろブタです。
興奮すると鼻が鳴ってブヒブヒ言ってしまうので、
半ブタ妖怪みたいな感じで、
水木しげる先生にお会いしに行こうかとも企んでいます。
そのうち『ブブブのブタ男』って言う、
カッコイイ漫画でも始まったらどうしよう
と戦々恐々と過ごしています。

カミナリが大の苦手のこのもぐら、
へそにハルンケアを詰め込んでやり過ごしてやりました。
どうやら高木ブーも気付かなかったらしく、
僕のへそは健在です相変わらず異臭を放ってます。



  1. 2007/07/16(月) 16:05:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

もぐら

06 | 2007/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search